キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】石けん工場のお仕事


スポンサーリンク

1.パビリオンデータ

 

f:id:machitotabi:20170630225226j:plain

パビリオン

石けん工場

スポンサー

牛乳石鹼共進社

お仕事

石けん工場スタッフ

Job

所要時間

30分

定員

6名

公式推奨年齢

3歳~

身長制限

なし

人気度

B

写真撮影

あり

お土産

牛乳石鹸 特製ケース入り

お給料

8キッゾ

キッザニアクラブ特典

あり

f:id:machitotabi:20170630225304j:plain

 

2.概要

 

 灰色の作業員の服に着替え、石けんをつくります。つくるのはCMでおなじみの牛乳石けんです。

 

 石けんをつくる工程の説明を勉強します。そのあと、石けんの材料を調合します。最後に機械で石けんを作り上げます。

f:id:machitotabi:20170630225438j:plain

―中央の入り口から中を覗けますが、最初は後ろ姿しか見えません―

 

石けん工場のパビリオンは中央に入り口があり、そこから内部を直接のぞき込むことができます。角度を変えれば部屋全体を見渡すことができますが、何人かの親御さんがいらっしゃいますので、譲り合って順番に見学しましょう。また左右に小さなガラス窓があり、そこからガラス越しに見ることもできます(少し覗き込みにくいですが)。手前で石けんづくりの説明をしている際は、中で話している会話を聞くことができます。

f:id:machitotabi:20170630225705j:plain

―石けんをつくり始めると、顔写真を撮ることができます―

 

特製ケースに入った牛乳石けんが成果物としてもらえます。最近はボディーソープを使う方も多いと思いますが、たまには石けんもいいのではないでしょうか。普段ボディーソープを使用している子供こそ、石けんが珍しくて喜んで使うと思います。石けん作成の説明は少し難しいかもしれませんが、お仕事の作業は比較的単純作業なので、小さな子供でもこなすことができます。食べ物系以外では人気が高い方のパビリオンです。

f:id:machitotabi:20170630225511j:plain

―もらえる牛乳石鹸です― 

 

キッザニアクラブ特典

 

 3回お仕事をすると認定をされます。リーダーのお仕事ができるようです。認定の仕事ができるようになったのは2016年からなので、比較的最近のことです。我が家ではまだ認定を受けていないため、きちんと解説することができません(泣)。

 

f:id:machitotabi:20170630225827j:plain

 

 

3.攻略

 

 キッザニア甲子園では実用的な成果物をもらえるパビリオンは人気の傾向があります。石けんも日常生活で使えるので、食べ物系の次に人気のあるお仕事です。2016年夏にキッザニア東京にもできたため、以前ほど混雑は激しくなく少しは人気が落ち着いてきています。

 

土日祝の第1部の場合、最初の回のお仕事は定員の枠が全て埋まって始まることがほとんどです。食べ物系の予約が終わって8:50に解放されて石けん工場に向かうと、おそらく最初の回は埋まっていると思います。常に1つか2つ先の回まで予約が埋まっているため、このお仕事をしたければ予約をするのがベストですが、混雑していない日であればスタンバイも可能かもしれません。

 

2階の非常に奥まった場所に位置しているパビリオンのため、あまり目立ちません。あまりキッザニア甲子園に慣れていないグループだと、存在を知らないかもしれません。ですので、初心者が多い日の場合は予約しやすいかもしれません。

 

パビリオンに向かう通路が狭いため、非常に混みあいます。受付はドラッグストア前で行われ、ドラッグストアと予約列が一緒になることが多いです。