キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】定員が少ないお仕事の傾向と対策


スポンサーリンク

 キッザニア甲子園のお仕事を予約する場合、混雑度が高ければ予約時間が遅くなるなど難しくなります。運営サイドもわかってらっしゃると思うので、混雑が予想されれば配置されるスタッフが多くなり、お仕事の回転が速くなるようになっています。

 

定員が多いお仕事の場合はこれで説明がつくのですが、定員が少ないお仕事の場合はちょっとややこしい傾向があります。今回はこの傾向と対策に関して思いついたことを書いてみたいと思います(あくまで私見です。読んでいただければわかりますが、ほとんど対策の方法がありません(笑)。いい方法があれば教えてください)。

f:id:machitotabi:20170625170848j:plain

 

1.定員が少ないお仕事とは

 具体的に定員の少ないお仕事はどんなものがあるでしょうか。定員が2名しかないお仕事として、下のようなお仕事があります。

・人気が高いお仕事

 はんこ屋、花屋

・人気がまずまずのお仕事

 クライミングビルディング(メンテナンススタッフ)、ドラッグストア(お客さん)、観光バス(ガイド)デパート、銀行(銀行員)、理容店(理容師、お客さん)

 

これらのうち、はんこ屋の予約が突出して難しいです。人気という意味ではすし屋やお菓子工場の方がはるかに上でしょうが、食べ物系のパビリオンは定員が多いので単純比較はできません。25~30分と体験時間がほぼ同じなので、総定員は食べ物系パビリオンの約3分の1です。希望者が食べ物系パビリオンの半分もいれば、食べ物系パビリオン以上に予約が難しくなるのです。

 

定員が多いお仕事は、混雑度や人気で予約可能時間の予測がある程度つきますので、なんらかの対策も立てやすいかと思います。定員が少ないと、後で理由を説明しますが、いろいろと予測がつきにくいため判断に迷います。

 

定員2名のお仕事と、ペインティングウォール(定員3名・人気の高いお仕事に入れます)をまとめて考えていきます。

 

2.定員の少ないお仕事の傾向と対策

・人気の高いお仕事の場合

 はんこ屋、花屋、ペインティングウォールに関する混雑情報です。

 はんこ屋は激戦です。花屋とペインティングウォールもまずまずの混雑をみせます。

 

●入場直後の傾向

これは、参加する子供の年齢層や好みにすごく左右されます。年齢層が低いとはんこ屋に興味をもたない子供が多いでしょう(なによりひらがなで名前が書けない)。年齢層が高くなると、興味を持つ子供が多くなります。花屋では全年齢層が興味を持ちますが、女の子が多いと人気が高くなると思います。

 

たとえば、第1部の朝早く列に並び、30組目ぐらいになったとしましょう。前の子供たちが全員食べ物系に向かえば、はんこ屋で初回のお仕事を取ることができます。1組の兄弟がはんこ屋を選んだ瞬間に、予約になってしまいます。2組がはんこ屋をめざすと、もう予約は10時ぐらいになってしまうのです。0~3組ぐらいの可能性があるでしょうから、初回のお仕事~10時30分ごろの予約と幅広く変動する可能性があるのです。

 

第1部の60組目ではどうでしょう。前に並ぶ子供たちが1人もはんこ屋を選ばない可能性もあれば、3時間程度埋めてしまうこともあります。入場するタイミングが遅くなればなるほど、予測がつかなくなります。

 

はんこ屋や花屋、ペインティングウォールは、初回の予約の列が他のお仕事と一緒なので、お仕事の予約列に並んだ時点では何時の予約枠をとれるか読めません。「混んでるから別のお仕事にしようか」と判断する「受付中のアクティビティ開始時間」が、入場直後はリアルタイムに掲示されないことも、予約を難しくする原因になっています(ズーパーバイザーさんの手にもってるボードを覗き込むと状況が大体わかりますが、たぶん公開しないルールになってそうです。たまたま見えるのはOKかな(笑))。

 

まとめると以下のようになります。

・予約の傾向は参加する子供の年齢層や性別などに左右される。

・予約がとれる時間の変動が激しい。

 

●お仕事開始後の傾向

 入場直後の予約傾向がそのまま後に響いてきます。第1部9時過ぎの時点で2時間分ぐらいしか予約が埋まっていないケースから受付終了しているケースまでさまざまです。その日の混雑具合をそのまま反映しているわけではないので、定員の少ないお仕事で全体の混雑度を評価することはできません(それでも、混雑している方が埋まりやすいでしょうか)。

 

 お仕事開始後は「受付中のアクティビティ開始時間」が、リアルタイムに掲示されますので、受付時間の変動は落ち着いてきます。ただし、少しの人数で時間が変動しやすいので、目の前で予約時間が30分遅くなるような現象がしょっちゅうあります。特に最初のお仕事が終わる9時30分ごろは、予約希望者が集中するのでその傾向が顕著です。

 

 はんこ屋以外は意外に予約しやすいことも多いです。花屋1日3回するとかも、日によれば可能です。これも予約時間の変動が激しいお仕事の特徴です。

 

●対策

 基本的にはないです。どうしてもこれらの仕事がしたいなら、最初に予約するのが最善でしょうか。ペインティングウォールはもう少し余裕があるので、後からでもなんとかなることもあります。他のお仕事の場合は、思いのほか予約がとりにくいことを覚悟して、ときどき予約時間をチェックしつつタイミングを見計らいましょう。とにかくお仕事をしたいのなら、予約可能時間が許容範囲内だったら、よりましになる可能性は低いと考えて予約をするのがいいと思います。

 

・人気がまずまずのお仕事の場合

●入場直後の傾向

 銀行員と理容店(お客さん)は最初の回のお仕事がありません。他のお仕事はそこまで人気は高くないので、通常であれば余裕をもって最初の回に参加できます。そもそも人が集まらずに開始しないケースもあります。ただし、1組でも兄弟で参加したりすると、最初の回が埋まってしまい、予約対応になってしまいます。この中でもドラッグストアのお客さんは人気があるほうで、ほとんどの場合、予約した子供が開放される8時50分以降に最初の回のお仕事が埋まってしまいます。

 

●お仕事開始後の傾向

 ほとんど待ち時間なくお仕事できる場合が多いですが、1回先のお仕事の予約になるケースもあります。銀行と理容店のお仕事は、お仕事受付時間に制限があるので注意しましょう。

 

●対策

 これらのお仕事を最初の回にする(あるいは予約する)のはもったいないと思います。ときには予約がとりにくいこともありますが、余裕のある時に予約を入れて(あるいはスタンバイで)お仕事をするのがいいと思います。理容店のお客さんは、受付時間が営業時間終了まえ2時間だけなので、忘れないように注意してください。

 

3.まとめ

 定員が少ないお仕事は、予約時間の予測が立ちにくいです。特に人気のあるお仕事なら、最初に予約をしておくか、何度も予約可能時間をチェックして状況確認に努めましょう。