キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】観光バス(バスガイド)のお仕事


スポンサーリンク

1.パビリオンデータ

f:id:machitotabi:20170712112440j:plain

パビリオン

観光バス

スポンサー

神姫バス

お仕事

バスガイド

Job

設定なし

所要時間

30分

定員

2名

公式推奨年齢

ホームページ3歳~

公式ガイドブック6歳~

身長制限

なし

人気度

D

写真撮影

あり(なしのことも)

お土産

なし

お給料

8キッゾ

キッザニアクラブ特典

なし

 

f:id:machitotabi:20170712112509j:plain

2.概要

 バス停が1階の商店街の前(劇場前)にあり、そちらで受付です。白いブラウスと紺のべストに紺の帽子というバスガイド服に着替え、バスガイドのお仕事をします。スポンサーは神姫バスで、三宮近辺の路線バスの印象が強いですが、関西全般での認知度はどうなのでしょうかね。キッザニア東京は「はとバス」がスポンサーなので、内容が異なると思います。

 

 バスはキッザニア甲子園の街をアスファルト様の道路に沿って一周します。お客さんをバスに迎え入れて、走る観光バスの中から街中をガイドしていきます。最後にお客さんをバスから送り出して終わりです。

f:id:machitotabi:20170712112541j:plain

 

 「お客さん」のお仕事より10分早く開始して、5分遅く終わります。兄弟で「バスガイド」と「お客さん」のお仕事を一緒にする場合は、少しタイミングがずれますのでご注意ください。

 

バスの走る速度は人の歩く速度より遅く、窓にガラスはないので、写真撮影は難しくありません。また、バスの前後でのお客さんを迎えたり送ったりするシーンも写真に適しています。よくある光景として、バスを囲むように保護者の方が歩き続けます(笑)。中で話している会話やガイドはよく聞きとることができます。

 

ガイドする内容は、ズーパーバイザーさんがカンペを見せてくれるので、それを読み上げるだけです。ひらがなが読めないと文字通りお話にならないですし、かろうじて読めても棒読みになります(これはこれでかわいいという話もありますが)。ですので、おすすめは小学生以上だと思います(公式ホームページでは「お客さん」のお仕事も並べて推奨年齢3歳~としていますが、おそらくKADOKAWAから出版されている公式ガイドブックの推奨年齢6歳~が正しいと思います)。また、おそらくガイドするセリフは、学年が上になると少し難しくしているようです。なお、このお仕事に成果物はありません。

 

f:id:machitotabi:20170712112622j:plain

―認定のお仕事では、バスから降りてガイドします―

キッザニアクラブ特典

f:id:machitotabi:20170712112945j:plain

―テレビ局前でのガイド―

 

3回お仕事をすると認定され、特別なガイドができるようになります。各部の最終回に特別なガイドツアーを行うことができます。通常であれば観光バスに乗って1階を1週して終わります。特別なガイドツアーでは半周してからバスを降りて、徒歩で2階に上がります。そして2階のパビリオンを徒歩でガイドしていき、ビューティーサロンの脇の階段から降りてきてバス停に戻ってきます。保護者も特別にバスに乗ることができます(なかなかできない体験の反面、少し目立って恥ずかしいかも)。

f:id:machitotabi:20170712112929j:plain

3.攻略

 

  キッザニア甲子園では実用的な成果物をもらえるパビリオンは人気の傾向があります。観光バスのガイドは成果物をもらえないためか、人気が高いというわけではありません。定員は2名だけですが、予約が先々まで埋まっていることはあまりありません。

 

土日祝の第1部の場合、最初の回のお仕事でも定員の枠が埋まらないことがあります。その一方で、定員が少ないこともあり、希望者がいればすぐに枠が埋まってしまします。食べ物系の予約が終わって8:50に解放され、飛び込みで参加するお仕事を探す際に、選択肢の1つになるかと思います。

 

 このお仕事のハードルは予約(受付)システムの難しさ(不可解さ?)です。バスがお仕事に向かっていなくなっていると、担当のズーパーバイザーさんがバス停にいなくなります。バス停の前には長椅子があり、そちらに座って受付を待つ形になります。最近は椅子に番号が書かれており、先に並んでいる人から順番に座って待ちます(バスは10分ほどで1週してきますから、受付したければひたすら待ちます)。ところが、この番号は役に立っていないというか、ほとんど無視されています(笑)。さらに、椅子が大きめなので、疲れた保護者の方々が思い思いに座っているので、もうむちゃくちゃです。(待つ順番の)1や2と書かれた場所に大人が座っていたり、家族数人で横並びに座っていると、並んでいるのか休んでいるだけなのか判断できません(いちいち尋ねるのも面倒ですし、椅子の番号の意味を説明すれば嫌な顔をされそうですし)。予約待ちに子供を誘導するのが最も難しいお仕事になっています。

 

バスが戻ってきたタイミングを見計らって受付できればベストです。その際に誰が前に並んでいるのかわからないので、微妙な空気が流れることがあります。もう一つ問題がありまして、観光バスのガイドだけでなくお客さん希望の人も同じ列に並ぶことになっています。どちらを希望して並んでいるのか読めないことになります(基本的にガイドの方が人気なので、先に2人ならんでいればまずガイドは無理です)。

 

 これでもましになった方で、少し前までは待つ椅子の番号すらありませんでした。私の個人的な意見としては、ズーパーバイザーさんが常駐していればもう少しましになるような気がします。ともあれ、すごい人気パビリオンではないので、なんとか予約は可能だと思います。