キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】街時計のお仕事


スポンサーリンク

1.パビリオンデータ

 

f:id:machitotabi:20170817214726j:plain

パビリオン

街時計

スポンサー

SEIKO

お仕事

パフォーマー

Job

Performer

所要時間

25分

定員

6名

公式推奨年齢

3歳~

身長制限

なし

人気度

D

写真撮影

あり

お土産

クラフト時計

お給料

8キッゾ

キッザニアクラブ特典

あり

f:id:machitotabi:20170817214833j:plain

2.概要

 キッザニア甲子園では30分毎に劇場前の時計台から子供たちが飛び出してきてダンスを踊ります。ヨーロッパのからくり時計のようなこのショーを行うのが、街時計のお仕事です。

f:id:machitotabi:20170817215113j:plain

―クリスマスは緑のサンタになります―

 時計台の中でダンスの練習をして、時間になると時計台の前に出てきます。数名が出てきて鐘を鳴らした後に、全員が出た後音楽が流れてきてダンスします。ダンスは季節によって特別なダンスになることがあります。特にクリスマスでは特別なユニフォームに着替えます。

f:id:machitotabi:20170817214912j:plain

―パビリオン内で練習します―

 パビリオンの入り口は2階の時計台裏側になります。リハーサルはガラスの向こう側に行われますが、パビリオン前の通路が狭いので周囲に注意して写真撮影をしてください。中での会話はほとんど聞き取れません。本番は1階劇場前から見上げで撮影することになります。ダンスする子供たちの前には安全のために高めの柵があり、子供たちの姿を撮影するにはかなり邪魔になります。柵を外して撮影するのは無理なので、望遠で何度か撮影して一番いい写真を残すぐらいの気持ちで挑みましょう。

f:id:machitotabi:20170817215233j:plain

―写真を撮るなら、仕事を始める前が一番かもしれません―

 貰える成果物は紙でできた(組み立て式の)クラフト時計です。仕事内容はダンスですが、振り付けを短時間で覚えるのはほぼ無理なので、ズーパーバイザーさんを横目で見ながらになります。何度もしている子供は上手に踊っています。小さな子供でも楽しんですることができると思います。

 

f:id:machitotabi:20170817215045j:plain

キッザニアクラブ特典 

 3回お仕事をこなすと認定され、特別なお仕事ができるようになります。特別なお仕事は9時あるいは16時開始の最初のお仕事に参加することができます。最初の回はキッザニアのテーマソングに乗ってダンスをします。普段からダンスをみて振り付けに慣れていないと難しいかもしれません。

 

 このお仕事をしたければ、8時40分まであるいは15時40分までに受付をしなければなりません。第1部だと最初の100組程度、第2部だと整理券Bまでに入場しなければなりません。おそらく大多数の方は、そんなに早い順位をとれたのなら、超人気パビリオンを目指すと思います。お仕事を選ぶのは子供なので、「もったいなさ」は関係なく選ぶかもしれません。わが子は特別なお仕事カード欲しさにしました。

 

f:id:machitotabi:20170817215022j:plain

3.攻略

 

 街時計はそれなりに人気のあるお仕事です。定員が多めですが、混雑日は枠が全て埋まってしまうこともあります。営業開始後2時間程度はそれほど人気が高くないですが、特に営業終了1時間前から、予約枠が埋まりやすくなり、飛び込みでお仕事が難しくなります。

 

 終了間際に人気が高くなるのは、このお仕事の開始時間は全て固定されているためスケジューリングしやすいことがあります。加えて、最終のお仕事が14時45分開始(第2部は20時45分開始)なので、時間の有効利用ができます。

 

 このお仕事をしたいなら、営業時間開始後3時間以内に受付することをおすすめします。この時間帯なら待ち時間があまりなくお仕事ができると思います。このお仕事をするのに朝一番で頑張って急ぐ必要はありません(何より朝9時からのお仕事枠は、キッザニアクラブ認定のお仕事しかありません)。