キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】理容店(お客さん)のお仕事


スポンサーリンク

1.パビリオンデータ

 

f:id:machitotabi:20170823221250j:plain

パビリオン

理容店

スポンサー

貝印(Kai razor)

お仕事

理容店のお客さん

Job

Barber Shop Customer

所要時間

20分

定員

2名

公式推奨年齢

3歳~

身長制限

なし

人気度

C

写真撮影

なし

お土産

記念写真 刃なしカミソリ

お給料

5キッゾ支払い必要

キッザニアクラブ特典

あり

2.概要

 商店街の一角(バス停のそば)にパビリオンがあります。お客さんとして髭の手入れをしてもらいます。とはいえ、子供には髭がありませんから、髭をつけてもらいます。お客さんですから、特別な服装に着替るというより、理容店のケープを着てサービスを受けます。

f:id:machitotabi:20170823221506j:plain

 さすがに本物の人間の髭をつけるわけにもいきません。つけ髭でもありません。理容店の椅子に座って、顔にマジックペンのようなもので髭を描いてもらいます。といっても、ウェットティッシュですぐにふき取ることができる程度のものです。あごひげやねこひげなど、いくつかの種類から選ぶことができます。最後にひげをつけた写真を撮影して終了です。

f:id:machitotabi:20170823221533j:plain

―かわいいおひげをつけてくれます。これはねこひげです―

 

 理容店のパビリオンは2方向に大きなガラスの窓がありますし、入口が広く開いています。ガラス窓や入り口から座っている場所まで距離が近いので、お髭をつける様子をはっきり確認することができます。入り口が開けっ放しなので、中の声もよく聞き取れます。商店街の中の窓や入り口から見たほうが内部の様子が見やすいですが、通路が狭くて人通りの多い商店街ですし、前のパビリオン(筆記具屋)の保護者もいらっしゃるので、落ち着いて写真を撮るのは難しいかもしれません。商店街の外側からは落ち着いて見れますが、少し距離が遠くなります。

 

成果物は、刃の無いカミソリ(いつも思うのですが、何にどうやって使うのでしょうか?(笑))と(ややこぶりですが)記念撮影した写真、後で顔を拭くためのウェットティッシュです。おひげはつけたままで別のパビリオンに向かいこともOKです(営業時間終了間際なので1時間程度しかつけてられませんが)。

 

キッザニアクラブ特典

3回お仕事をするとサービス券をもらえます。次回(1回分)キッゾを払わずにサービスを受けることができます。

f:id:machitotabi:20170823221441j:plain

3.攻略

 

 このアクティビティは営業時間の後半2時間だけです。これは他の商店街のお仕事がほとんど受付終了した時間帯なので、他のお仕事の受付ができなかった子供が流れてくるケースがあります。運営時間が短く定員も2名と少ないため、人気はそれほど高くありませんが、予約は埋まりやすい傾向にあります。

 

土日祝の第1部の場合、さらに予約枠が埋まりやすくなります。それでも「無茶苦茶予約がとりにくい」わけではありません。まれに、一人も集まらずにお仕事が開始されないケースもあります。定員が少ない分、待ち時間が極端にぶれます。

 

もう一度書いておきますが、営業時間の後半2時間しかできないアクティビティですから、参加を希望しているなら受付のタイミングを忘れないようにしましょう。受付は筆記具屋やはんこ屋と一緒でバス停側の商店街入り口で実施されています。