キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】ANAマイル2倍キャンペーン(2017年10月11月)


スポンサーリンク

f:id:machitotabi:20170720230111j:plain

 ANA(全日空)はキッザニア甲子園の公式スポンサーです。入場口にはANAのロゴが入った飛行機がそびえています。「空港(入り口)」ではANACAのユニフォーム姿のスーパーバイザーさんがたくさんいます。予約確認画面にもANAの文字が入っており、まるでANAの飛行機搭乗券のようです。このように、かなりANA色の強いテーマパークです。

 

あまり知られていないようですが、入場チケットの領収書をナショナルストアに提示してANAのマイレージカードやANAカードを手渡すと、通常は1%のマイルをゲットできます。陸マイラーの方々が手にするマイルに比べたら少ないですが、1回50~100マイル程度になります。

 

2017929日付けの公式ホームページニュースで注目すべきことがアップされていました。

 

キッザニア甲子園の入場料金やナショナルストアでのお買い物で貯まる 「ANAマイル」が、キャンペーン期間中 2倍になります。 ご来場の際、施設内のインフォメーションデスク、ナショナルストアのどちらかで、「ANA マイレージクラブカードまたはANA カード」と「入場料またはナショナルストアでの購入分のレシート」を一緒にご提示ください。ご利用日より、1 ~2ヶ月後に自動的にダブルマイル分が付与されます。 ※レシートを紛失されますと、マイル積算が出来ませんのでご注意ください。

 

201710月、11月限定で2倍のANAマイルがいただけるようになります。1家族で入場すると、入場料金の2%相当になりますから、150200マイル程度はゲットできるようになります。これは是非ともいただくようにしないともったいないです。

 

注意点は、スマホアプリのデジタルマイレージカードはQRコードなのでたぶんダメです(実際、20175月時点で「ダメ」と言われました)。キッザニア甲子園ではカードのチェックをスライド式で行っているからです。2017年ごろから発行された新しいANAマイレージカードはQRコードになっており、こちらも対応できているかどうか未確認です(ダメな可能性が高いです)。

 

 ほかにも下のような注意点が公式ホームページに記載されています。確認してください。「キッザニア甲子園以外の販売箇所」とは、公式ホームページ以外でチケットを購入した場合(おそらくファミリーマートやJTBなど)を指していると思われます。ファミリマートで購入すると(たぶん)Tポイントが貯まりますので、ANAマイルを貯めるかTポイントを貯めるか悩むところですね。

下記の内容につきましては、マイル積算の対象外となります。

  • キッザニア甲子園以外の販売箇所で購入されたチケット
  • 各種ギフト券で購入された入場チケット
  • 「学校予約」または、「団体予約」でのご入場
  • 当日以外のレシート

 

ちなみに、マイルに詳しくない方のために(私も詳しくはないのですが)少し解説します。ANAのマイルは、通常飛行機に乗ると乗った距離に相当するマイル数だけゲットできます(実際は微妙に異なりますが)。500マイルの距離を飛行機に乗ると、500マイル手に入るということです。貯まったマイルは飛行機に乗るのに利用できます。マイルを貯めるのは飛行機に乗るだけでなく、キッザニアのような提携ストアで商品を購入したり、ANAのクレジットカードを利用したりしても貯まります。。

 

たとえば、ANAのクレジットカードで航空券を購入すると、購入時と搭乗でかなりマイルがたまります。キッザニアの場合、キッザニア公式サイトで入場券を購入したり、キッザニア内のナショナルストアで商品を購入すると、マイルが積算されるしくみです(現金でもクレジットカードでも・ただし申告必要)。イメージとしては、Tポイントなんかと同じで、お金を使っただけポイントがたまるようなものです。こちらも、ANAのクレジットカードで購入すれば、さらにマイルが上積みされます。他のクレジットカードで購入の場合はポイントがゲットできると思うので、マイルとポイントの2重加算が可能です。

 

ANAマイルの場合、5000マイル~航空券に交換することができます。東京―大阪間でローシーズンだと片道5000マイルです。航空券以外にも利用できますが、コストパフォーマンスを考えると、圧倒的に航空券にすることがおすすめです。小さなことからこつこつとマイルを貯めていると、少しはお得に旅行できるでしょう。貯まったマイルでキッザニア東京に足をのばすのもいいかもしれません。