キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【東京ディズニーシー】2017年ディズニーシーのハロウィン(前編)


スポンサーリンク

はじめに

 

 今回はキッザニアではなく、ディズニーシーの話題です。関西人にとってディズニーは遠くてお金がかかるので、かんたんには行けません。ただ、キッザニアばかりでは、さすがにわが子も飽きがくるようで、ときどき「ディズニーに行く~」との叫び声が聞こえてきます。

 

 今回も朝一番の飛行機で東京に向かいます。キッザニア東京へ行くときもそうですが、安く済ませるために朝一番で飛んで、最終便で帰ってきます。宿泊代が浮くだけでなく、飛行機代も一番安いんです。もっと安くするには高速バスでしょうが、さすがにキッザニア世代の子供には無理ですね。

 

 早朝便は関西空港からしか出てません。そして、朝一番のフライトでも、ディズニーリゾートにたどり着いたときには9時頃になります。ディズニーに詳しい方はご存知でしょうが、開園直後はアトラクションの待ち時間が短く、早い時間のファストパス(アトラクション整理券)も入手できます。開園時間はほとんどの場合8時なので、パークに着いた時点で十分混雑しています。いやー、東京の方がうらやましいです。

 

 ということで、9時過ぎに到着した週末のディズニーシーのお話です。

 

前編

f:id:machitotabi:20171002225641j:plain

―夜はおどろおどろしいハロウィンの装いです―

 ハロウィンのディズニーシー。ゲートからホテルミラコスタの渡り廊下の下に向かうと、ハロウィンのデコレーションが目に入ってきます。当然のことですが、すでに「トイ・ストーリー・マニア」のファストパスは発券終了しています。普通にスタンバイ列で待つと2時間~3時間と、相変わらずの異常な人気ですね。このパビリオンの人気が落ち着くことはあるのでしょうか? うちの子も大好きですが、なかなか楽しむ機会に恵まれません。

f:id:machitotabi:20171002225759j:plain

―ホテルミラコスタ下の様子です―

 ディズニーシーでアトラクションに優先入場できるファストパスのシステムですが、ディズニーシーの場合あまり有効活用できません。わが子はまだまだ小さいので、絶叫系のアトラクションは無理ですし、「海底2万マイル」も怖がってしまいます。かろうじて入場可能なのは「マーメイドラグーンシアター」と「ニモ&フレンズ・シーライダー」ぐらいです。ディズニーシーは敷地が広く、これらのファストパスを手に入れるのは、結構大変。ちいさな子供のいるグループには負担の大きいシステムですね。

 

 一方で、ディズニーシーがちいさな子供向きの面もあります。マーメイドラグーン内は小さな子供向けのアトラクションが多く、雨でも楽しめます。ケープコッドのダッフィーとその仲間たちのショーもおすすめですね。ただ、どちらもそれなりに待ち時間が発生するのが難点です。

 

 前置きが長くなりましたが、これらのいろんな条件を踏まえて、まずはマーメイドラグーンを目指します。子供連れで歩いていくのも大変なので、「トランジットスチーマーライン」を使って奥地を目指します。

f:id:machitotabi:20171002225849j:plain

 トランジットスチーマーラインは、入場してすぐの船着場からディズニーシーの奥地にあるロストリバーデルタに向かうフェリーです。のんびり海の旅を楽しみます。

 

 ロストリバーデルタはインディージョーンズのピラミッドやジャングルがある秘境のエリアです。こちらの船着場で降りた後、隣のエリアであるマーメイドラグーンに向かいます。まず目に入ったのが「フランダーのフライングフィッシュコースター」というジェットコースター。わが子が目を輝かせて「乗る~」とのことで、20分待ちでしたが早速並びます(その前にマーメイドラグーンシアターのファストパスをゲット)。このジェットコースターは一回転もなければ落差も少ないミニコースター。怖がりのわが子にはちょうどいいスリル感です。

 

 その後、マーメイドラグーシアターに向かいます。我が家では、ディズニーシーに行くと必ず1回は訪れるアトラクションです。人魚アリエルのショーは、わが子のお気に入りです。

f:id:machitotabi:20171002225921j:plain

―朝早くだと、マーメイドラグーン内の人影は少ないです―

 この日はそれなりに混雑していました。あまり並んでいないアトラクションを選んで楽しみます。次に向かったのは「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」というアトラクションです。船でシンドバットと一緒に巡る冒険の旅です。どんなに混んでる日でも待ち時間がありませんし、我が家ではテーマソング「コンパス・オブ・ユア・ハート」が大人気。テンションが上がります。

 

 本当はほかのアトラクションも楽しみたいところですが、待ち時間が長くてとても無理です。わが子は列に並んでおとなしく待つのが苦手なので、待ち時間30分以上は我が家の対象外になります。11時前になり、レストランが混雑する前に食事をとる必要が出てきました。向かったのはセバスチャンのカリプソキッチン。11時前ならあまり待たなくてもいいです。ハロウィンのスペシャルセットを注文しました。

 

f:id:machitotabi:20171002230526j:plain

 スペシャルセットは、タコいりラタトゥイユソースのホタテクリームコロッケサンドにスパークリングミックスベリードリンク(ブラックタピオカ入り)。映画「リトルマーメイド」のアースラをイメージしているそうです。クリームコロッケサンドはほぼ想像通りのクリームコロッケバーガーの味。スパークリングドリンクはベリー味が思った以上に濃く感じられました。おいしくいただきました。

f:id:machitotabi:20171002230609j:plain

―コロッケサンドは、アースラの包みに入れていただきます―

 

 次回、後編に続きます。