キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【東京ディズニーシー】2017年ディズニーシーのハロウィン(後編)


スポンサーリンク

f:id:machitotabi:20171007203820j:plain

―ケープコッドのハロウィンです―

 

はじめに

 今回はキッザニアではなく、ディズニーシーの話題です。わが子の「ディズニーに行く~」との叫び声により、ハロウィンのディズニーシーを訪れました。前回の前編に引き続き、今回は後編です。

 

後編

 マーメイドラグーンで昼食を終えて、向かったのはメディテレーニアン・ハーバーにある「フォートレス・エクスプロレーション」。混雑の激しい週末は、どのアトラクションも混雑していますが、フォートレス・エクスプロレーションは待ち時間など関係ないアトラクションです。わが子を含め、我が家一同は待ち時間が大っ嫌いなので(笑)、どうしても待たないアトラクションに流れてしまいます。

f:id:machitotabi:20171007203927j:plain

―フォートレス・エクスプロレーションのガレオン船―

 

 フォートレス・エクスプロレーションは船、船着場、砦などに仕掛けられた仕掛けを楽しむアトラクションです。探検プログラムもありますが、そちらは待ち時間が発生するのでパスです。わが子は船や船着場を歩き回っていました。私はベンチで座って休んでいただけですが、わが子は楽しんでいたようです。

 

 そんなこんなで遊んでいると、目の前の海でショーが始まりました。ディズニーのヒールたちが繰り広げる「ザ・ヴィランズ・ワールド」です。ただねえ、2016年とあんまり変わっていないような気がするんですよねえ。最初は鑑賞していたのですが、だんだん飽きてきちゃって(フォートレス・エクスプロレーションからだとショーの裏側になってしまうこともあるんでしょうが)、途中で鑑賞を止めちゃいました。その後、リフレスコスでスモークターキーレッグと生ビールを購入してきていただきました。このへんはほろ酔いで、写真もありません(笑)。

 

 ひとしきり楽しんだ後、ポートディズカバリーに向かいます。足を向けたのは「ニモ&フレンズ・シーライダー」です。今年オープンしたアトラクションです。初めてのアトラクション体験ではないのですが、パビリオンにあるラウンジが初体験だったのでわくわくしていました。ラウンジの詳細は別記事に載せています。

f:id:machitotabi:20170925223546j:plain

 17時前、アメリカンウォーターフロントに向かうためにケープコッドに通りかかりました。ケープコッドはディズニーシーの人気キャラクターダッフィーとその仲間たちがいる村という設定です。

f:id:machitotabi:20171007204233j:plain

アーント・ペグズ・ヴィレッジストア前―

 すっかりハロウィンモードの街並みを歩いていると(人が多くて、のどかな漁村の雰囲気はありません(笑))、いつも混雑しているケープコッド・クックオフのダッフィー・ショーの列がすごく短い! キャストの方に聞いてみると「待ち時間10分です」とのこと。

f:id:machitotabi:20171007204603j:plain

 待ち時間が短い理由はわかりませんが、こんなチャンスを逃すのはもったいないです。我が家一同、嬉々として並びました。実は、新キャラクタージェラトーニが出てくるショーを見るのは初めてです。夕食の予約があったので軽い食べ物と飲み物を注文し、ショーを楽しみました。

f:id:machitotabi:20171007204638j:plain

―我が家は初めて鑑賞するジェラトーニのショーでした―

f:id:machitotabi:20171007204754j:plain

―暗くなってきたアメリカンウォーターフロント。ヴィランズの雰囲気おどろおどろしいです―

 次に向かったのは、アメリカンウォーターフロントのドッグサイドステージです。こちらも新キャラクターのステラ・ルーが登場するショー「ステップ・トゥ・シャイン」が公演されています。公演開始10分前に通りかかると、周囲の柵の外側は人が一杯でした。少し遠いですがステージを見下ろせる場所にスペースを確保できたので、そちらから鑑賞します。初めての鑑賞なので、私は興味深く眺めていたのですが、わが子が興味なさそうで撤収となりました(泣)。

f:id:machitotabi:20171007204907j:plain

―ステラ・ルーのショー。少し遠いですが、望遠で撮影してます―

 その後、予約していた(というより何とか当日予約を拾えた)夕食会場へ。リストランテ・ディ・カナレットです。お財布に厳しいディズニーシーのレストランの中で、雰囲気とコストのバランスが最も見合っているところです(と私は思っています)。この日のディズニーシーを締めくくる場所です。上品な雰囲気の中でイタリアンを楽しくいただきました(途中で寝てしまうわが子でしたが)。

 

f:id:machitotabi:20171007205203j:plain

―マクダックス・デパートメントストアのダッフィーたち。こちらでお土産を少々購入しました―

 食事を終えて、眠ったわが子を抱きながら、ディズニーシーを後にします。最後に出現したこの大きな荷物は、非常に堪えました。その後、羽田から関空へと岐路につきました。

 

感想とかいろいろ

 キッザニア甲子園と違って、ディズニーは遠いです。日帰り強行軍は、なかなかしんどかったです。何とか日付が変わる前に家に到着しました。

 

 キッザニアも子供の夢の世界ですが、ディズニーも夢の国です。ディズニーは大人も楽しめるアトラクションが多いですが、とにかく費用がかさむのが難点です。あと、今に始まったことではないですが、子供連れだとあの長い列に耐えるのは難しいです。ショーもお地蔵さん(何時間も前から場所取りをする方々)が多くて落ち着いてみることはできません。かといってバケーションパッケージ(宿泊と優先チケットのセット)なんかを使うと、出費が一桁上がってしまいますし・・・。こう考えると、キッザニアはお財布に優しいです(笑)。

 

 最近は、レストランの予約も取りにくくなりましたね。キャンセル拾いもあまりできません。時間のある方やプロの方用のテーマパーク化しているような気がします。仕事の調整が難しいため、我が家のディズニー行きは2週間前ぐらいに決まることが多いので、レストラン予約はほとんど無理ですね。ああ、愚痴ばっかりになっている・・・。

 

 次は可能ならクリスマスに・・・って無理なのでしょうねえ。