キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【キッザニア甲子園】エコバッグショップのお仕事(2016年閉鎖)


スポンサーリンク

1.概要

f:id:machitotabi:20171009180604j:plain

―ガラス工房と同様にスペースが狭いパビリオンでした。右手にエコバッグにパーツを貼り付ける機械があります―

 

 水色のエプロンを纏い、エコバッグを作製するお仕事です。自分でデザインしたエコバッグを持ち帰れるので、定員が2名と少ないこともあり人気の高いお仕事でした。パビリオンは1階の商店街(メガネショップ横)にありましたが、2016年にキッザニア甲子園から撤退しました。スポンサーは東レです。

f:id:machitotabi:20171009181103j:plain

 ベースになるエコバッグはすでに用意されています。ピンクと黄緑色の2種類のバッグが用意されていました。本来は4種類あったようですが、2015年ごろから2種類しか見た記憶がありません。うろ覚えですが、青のバッグもあった気がします。

 

キッザニアのキャラクターなどのパーツ(アイロンシールと言っていいのかな)をバッグに貼り付けます。貼り付けるパーツの個数は決められていて、子供は貼り付けるパーツの種類と位置を決めます。あとは、ズーパーバイザーさんが、機械で仕上げてくれます。エコバッグを収納する携帯ケースもいただけるので、折りたたんで収めるとお仕事終了です。

 

 パビリオンには壁がないですが、子供の撮影にいい角度が難しかったです。また、商店街が混雑しがちだったので、落ち着いて写真撮影はできませんでした。複雑な作業が少ないので、幼稚園児でも問題なく行えました。成果物は上にも書きましたが、子供の作ったエコバッグです。折りたたむと大人のこぶし大くらいで、キッザニアグッズを収納するのに重宝します(今も使っています)。

f:id:machitotabi:20171009181130j:plain

お仕事毎に新しいバッグを作ってもいいですし、使っているバッグを持って行ってパーツを増やすこともできました。季節によってパーツが増えたりするので(12月ならクリスマスツリーとか)、季節ごとにバッグを持ち込んでデコっていく子供さんもいました。

f:id:machitotabi:20171009181300j:plain

―使うまえにパビリオンが無くなってしまいました(泣)―

エコスタンプカードを発行してもらうことができ、はんこを貯めて使用しているバッグを持っていくと、スペシャルパーツを選ぶことができるようになりました。デパートでキッゾによる購入をしたとき、商品を店の袋ではなくエコバッグに入れてもらうと、はんこを1つ獲得できました。

 

キッザニアクラブ特典 なし

f:id:machitotabi:20171009181427j:plain

2.人気と混雑度

 

 定員が2名と少なく、人気が高いため、予約が困難なお仕事の一つでした。混雑する日は1~2時間先の予約が埋まっている光景が見られました。