キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【USJ】2017年クリスマスショー(過去のデータからの攻略)


スポンサーリンク

f:id:machitotabi:20171028003146j:plain

はじめに

 

 多くの台風が行き交う2017年の秋ですが、徐々に肌寒くなってきて冬の気配を感じる今日この頃です。テーマパークもハロウィーンの季節が過ぎ去り、クリスマスの装いに変化してきます。

f:id:machitotabi:20171028003214j:plain

 今回のテーマはUSJのクリスマスイベントに関してです。2015年の冬の記録から、クリスマスのショーを解説していきたいと思います。

 

天使のくれた奇跡Ⅲ

概要

 USJが誇るビッグイベントです。2015年冬から現在の「天使のくれた奇跡Ⅲ」が公演されています。20171110日から翌年の18日までの間、1日1~2回上演させる予定です。

f:id:machitotabi:20171029160820j:plain

 過去に上演されたⅠ、Ⅱで結ばれた1組のカップルの、その子供たちが織り成す感動の物語です。クリスマスソングや天使に扮した方々のダンスなど、すごい迫力で本当に心が奪われます。まだ見たことのない方は、一度は鑑賞することを強くお勧めします。

f:id:machitotabi:20171029160841j:plain

 2015年、私たちはこの感動のステージを拝見させていただきました。そのときは、このステージの楽曲を歌い上げるリベラ(イギリスのボーイソプラノユニット)がUSJを訪問しており、リベラの生歌声を鑑賞することができました(撮影禁止だったので、画像はありません)。

 

攻略

 例年、通常券とプレミア券が販売されています。チケットなしでも鑑賞できる区画がありますが、場所の競争率が高すぎるのと、見える範囲が狭いため、このショーの真価を味わいたいのであれば鑑賞券を購入することをお勧めします。

f:id:machitotabi:20171028003335j:plain

通常券はステージ正面の芝生で鑑賞となり、プレミア券は少し距離がありますが高い位置から鑑賞することができます。ステージは左右に幅広く、また非常に高い位置でもショーが繰り広げられるので、通常券で入れる区画では見える部分が限られてきます。プレミア券で入れる区画は適度な視野が確保され、遠すぎることもないので、確かに最も鑑賞に適していると思われます。

f:id:machitotabi:20171028003413j:plain

ただし、チケットを購入しているからと言って安心しないでください。設定されている区画内は自由席なので、いい席がとれるかは早い者勝ちの争奪戦です。特にプレミア券に関しては、一列目を取れるか取れないかで天地の差がありますので、皆さん必至です。18時頃鑑賞開始として、16時頃には鑑賞エリアに入る列がすごいことになっています。本気でいい場所を取りたいなら、15時より前から待っていた方がいいです。

 

この入場列ですが、割り込みが非常に多いです。確信犯の割り込みもありますが、「鑑賞エリア入り口にチケットを持って行く」⇒「列に並ぶように言われる」⇒「周りを見るとやや崩れた列が鑑賞エリアに入っていく人波が見える」⇒「なんとなくその人波に乗って入場する」というパターンで、おそらく悪気なく割り込んでしまう人を見かけることがあります。これは、入場列をきちんとコントロールできていないことが原因ですので、今年こそ改善されることを期待します。

f:id:machitotabi:20171028003503j:plain

このショーは屋外で実施されます。雨になればどうなるのでしょうか? いつも同じ対応かどうかはわかりませんが、私は1度雨に打たれたことがあります。その時は、レインコートを着たメインの役者さんが挨拶にだけ出てきて、短い時間で姿を消しました。チケットは食事券として使えることがアナウンスされました。残念ですが、雨なので仕方ないですね。

f:id:machitotabi:20171028003544j:plain

なお、飲食物持込は自由なので、待ち時間も長いことですし、むしろいろいろ持ち込んでおいた方がいいです。冬場なのでトイレが近くなりがちです。鑑賞エリアの出入りは自由ですが、人が多すぎて移動が大変なので、入場前にトイレを済ませて飲み物は控える方が無難です。

11月中はそれほどではありませんが、16時以降のパークは非常に寒くなります。ショーを待っている間じっとしていると凍えそうになりますので、防寒着と温かい飲み物を用意しておきましょう。

 

まとめ

 天使のくれた奇跡Ⅲは、Ⅰ、Ⅱを見たことがない方でも十分楽しめると思います。十分準備して満足して帰れるように鑑賞しましょう。