キッザニア甲子園の歩き方

キッザニアときどきUSJ.テーマパークをたのしむ関西人のブログ.

【ザ・リッツ・カールトン大阪】2017年クリスマスのリッツ・カールトン大阪


スポンサーリンク

はじめに

 

 我が家の2017年は非常に忙しく、外出があまりできていません。仕方なしというか、2016年のネタばかり並べている状況です。今回は、珍しく2017年のリッツ・カールトン大阪のクリスマスです。

f:id:machitotabi:20171125120709j:plain

―地下のリッツ・カールトン大阪入り口―

 マリオットグループの中で最上級に位置するリッツ・カールトンですが、日本のリッツ・カールトンの中では大阪が一番低いランクになるそうです(ティアというランクで、東京・京都・沖縄の方が上になります)。

 

f:id:machitotabi:20171125121425j:plain

―リッツ前の地下道にあるクリスマス飾り―

わが家から梅田までそんなに遠くもないのでそもそも宿泊する必要などないのですが、いろんな事情の絡みで宿泊することになりました。子育てなどいろいろ負担がありますので懐具合に余裕もなく、こういう出費はじわじわと家計に(まさにボディーブローのように)きいてきます。

 

クリスマスに彩られたロビー

 リッツカールトンのロビーはやや薄暗くて狭めであり、シックな色調の装飾が高級な雰囲気を醸し出しています。重厚な絨毯や暖炉なども高級感を高めています。なんといっても、マリオット系の最高級ホテルグループですからねえ。リーズナブルなビジネスホテルを愛用する私にとって、場違いな感じは否めません。

 

f:id:machitotabi:20171125121146j:plain

―ショップのクリスマスリース―

ロビーには結婚式の招待客らしき方々が多くいらっしゃいました。大きなクリスマスツリーが飾られています。

 

f:id:machitotabi:20171125121051j:plain

―ロビーのクリスマスツリー―

 チェックインカウンター前には、リッツ・カールトンのオフィシャルキャラクターのちいさなライオンが置かれていました。もちろんサンタクロース姿です。

f:id:machitotabi:20171125120946j:plain

―リッツライオンたちが出迎えてくれました―

 

クラブフロアのスーペリアルーム

 もちろん(?)クラブフロアを予約するほど我が家は裕福ではありません。知っている方は当然ご存知でしょうが、とあるクレジットカードを持っていれば部屋のアップグレードをしてくれることがあります(あくまで、可能性です)。私も何かの役に立つかと持っていましたので、アップグレードのご厚意に甘えさせていただきました。

 

f:id:machitotabi:20171125121528j:plain

―エレベーターホールー

 クラブフロアにはルームキーがないとフロアへのアクセスすらできません。エレベーターではルームキーをかざさないと階数のボタンが押せない仕組みです。

 

f:id:machitotabi:20171125121649j:plain

―ダブルベッドルームです―

 部屋の中は広いです。ミニバーなども充実しています(それなりにお高いですが)。無料で利用できる飲み物があるのかないのかわからないですし、確認するのも恥ずかしいので、結局手を出さない私です。

 

f:id:machitotabi:20171125121754j:plain

―たぶんミネラルウォーターはいただけると思います―

 クラブフロアにはクラブラウンジがあり、無料で飲食などをしながらくつろぐことができます。ただし、アップグレード客は対象外で、有償でアクセス権が付与されるようになっています。私はお値段を聞いてあっさり諦めました。

 

f:id:machitotabi:20171125121936j:plain

―外の景色。高層階なので、ほとんどの建物が見下ろしになります―

 外出して帰ってくると、ベッドのターンダウンがされていました。また、枕元にチョコレートとミネラルウォーターのペットボトルが用意されていました。

f:id:machitotabi:20171125122101j:plain

―ターンダウン後のベッド―

f:id:machitotabi:20171125122209j:plain
f:id:machitotabi:20171125122203j:plain

―バスと洗面の様子―

 

まとめ

 雰囲気満点のクリスマスですね。非日常感が満載なのでカップルにはいいかもしれません。我が家のような庶民では、家族で行くとかなり浮いちゃうかなあ。お部屋がある程度防音されているとはいえ、周囲の部屋にも気を使いますしね。